まむめも

シンプリストのシンプリストによるシンプリストのためのブログ

PlayStationVRがかなり楽しみ

PlayStationVRが発表されました 物買うってレベルじゃねえぞ!

 PlayStationVRはPS4の周辺機器です。PS4を知らない人は記事を読む前にこの動画でンオ~~~となる

www.youtube.com

こういう冴えない人間がいきなり才能に目覚めて無双するストーリー、男心をくすぐりすぎて本当に熱い。男心がわからない女性の方はこの動画のような生き方をすると男心くすぐりまくれると思うし、というかそもそもこの動画の女の子には彼氏がいるので、ウケる

 

はじめに

さて、本題のPlayStationVRについて。コンセプト動画があがってきたので、早速仕事終わりに見てみた。

www.youtube.com

も、燃える~~~!!!!!SAOは最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

VR(バーチャルリアリティ)は男の夢そのものだ。SAOというVRゲームをテーマにした作品を観た男たちは、こぞってVRについて調べ、その製品の高価さに落胆し、いつの日かVRでわたしもアスナみたいなかわいい女子といちゃいちゃすることを夢見てきた。しかし、今日という日、その夢は既に叶ったのだ・・・!!!マジで書いてて今涙出てきた・・・・絶対VRでエロゲするんだわたしは・・・・・・

 

PlayStationVRについて

PlayStationVRはヘッドマウントというデカすぎるゴーグルみたいな機器だ。この機器をPlayStation4に接続すれば、ゲームの世界で360度自分を取り囲むような3Dの世界を体験できる!!興奮しすぎて日本語がよくわからん

価格は4万4980円で、10月の発売と発表された。他のVR機器は10万円を超えるものが多く、さらにはVRを使用するに必要なスペックのPCも用意する必要がある。それに比べればPlayStationVRは、普及させ、プレイしてもらおうという優しさが感じられる価格だ。買お

 

この価格まで抑えることができたのは、ひとえにSONYの地力だったように思える。

ことゲームというジャンルにおいては、SONYは任天堂に大敗。もう勝ち目も見えなかったことだろう。(でもDSでゲームの王道を行く任天堂に対してPSPでエロゲのコンシューマ版を出し続けるSONYをわたしは死ぬほど応援した)そこにゲーム界の革命「VR」が頭角を現し、一閃。電光石火のようなスピードでVR市場にSONYとしての明確な答えを、お手頃な価格と圧倒的な説得力で送り出してきた。

元々SONYはヘッドマウント(映像を大画面に映し出すゴーグルのようなもの)を作成していたし、今回のPlayStationVRもそのチームが主軸となって、ノウハウを流用できたと思う。さらに、VRに最適な臨場感のある「音」の分野もSONYの音楽機器製作チームのノウハウが活きただろう。任天堂では出来ない、家電屋であるSONYの強みを存分に生かすことが出来たゆえのPlayStationVR。購入せずにはいられない。

 

まとめ

はやくVRで、エロゲがやりたい。

www.youtube.com