イヤホン・ヘッドホン

YAMAHAの完全ワイヤレスイヤホン 「TW-E3A」使用レビュー

YAMAHA完全ワイヤレスイヤホンTW-E3A−1

TW-E3Aの基本スペック

  • 1万円を切る、圧倒的な低価格。
  • キャップレスUSB-C端子搭載!!!最高。
  • ブラック・ホワイト・スモーキーブルー・スモーキーピンクの4種の特徴的なカラーバリエーション。
  • マットな素材感と角の無い特徴的なシルエット。
  • Bluetooth 5.0 Low Energy による安定した省電力の無線接続
  • 接続コーデックはSBC・AAC・apt-xに対応していて、iPhoneでもAndroidでもラグの少ない高音質再生が可能。
  • 6時間もつ本体バッテリーと、本体を3回充電できるケース。計24時間再生
  • Siri、Google Assistant対応。
  • 国際基準IPX5の防水性能。雨はへっちゃら。
  • イヤホンについているボタンから音楽アプリや動画アプリの操作が可能。
  • イヤーチップ4種類、イヤーウィングが同梱。
  • リスニングケア機能により適切な音量が自動で保たれる。

外観

わたしはスモーキーブルーを選択した。素晴らしい色だ。
YAMAHA完全ワイヤレスイヤホンTW-E3A−7
YAMAHA完全ワイヤレスイヤホンTW-E3A−3
YAMAHA完全ワイヤレスイヤホンTW-E3A−5
キャップレスUSB-C端子での充電は完全なストレスフリーだ。あのLiberty Proですらこれを実現できていない。

同梱物

イヤーチップとイヤーウィングで、耳の形を問わず最適なフィット感を実現できる。
YAMAHA完全ワイヤレスイヤホンTW-E3A−4
YAMAHA完全ワイヤレスイヤホンTW-E3A−6

音の感じ

※再生環境:Pixel3とapt-x接続

  • 低音も高音もむやみに色付けされていない、尖りのない優しい音
  • 長時間聴いていてもまったく疲れない飽きないYAMAHAらしい音の作り。
  • 解像感は価格以上の素晴らしさで、誰の耳にも繊細さが感じられると思う。
  • 音の奥行きはそこまで広い感じに作られておらず、8畳くらいの部屋で50インチテレビのスピーカーで聴いているくらいの音場感を覚える。
  • 音の途切れにはかなり強く、今までプツプツと途切れていた電波障害の激しいコンビニでもあまり気にならなかった。なかなかのものと思う。
  • ラグに関して言えば、YouTubeやAmazonプライムビデオで観た際に自分の環境下ではラグは一ヶ月間で一度も感じられなかった。音ゲーでは不明。

Anker Liberty Proとの比較

ただ、リスニングイヤホンとして言えば以前購入したLiberty Proの方が優れていると感じた。理由は以下の通りだ。

  • Liberty Proの方が低音がしっかり聴いていて、否応なしにテンションがしっかり上がる音作りになっている。
  • Liberty Proの方が音場の奥行き感にかなりの広がりがある。
  • ケースは小型ではないが、薄型なのでポケットに入れやすい。

まぁLiberty Proの方が6000円以上高価なので音だけの評価では負けているのは当然だ。
しかし、接続強度が強い点やキャップレス端子を搭載している点、カラバリが可愛い点なども含めて考えるとYAMAHAも大健闘だろう。

ANKER最上位完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty 2 Pro」レビューANKERは今までコスパの良いイヤホンをちまちま出していたが、どこか良さに欠けていて購入をおすすめできるものではなかった。 しかし、その...

↑詳しいレビューはこちらで。

メリット

  • とにかく安い。コストパフォーマンスがよい。
  • USB-C搭載でうれしい。
  • マットな素材感と派手すぎないカラーバリエーションが個性的で良い。
  • 長時間視聴に耐えられるロングバッテリーで安心。
  • しっかりとしたフィット感(イヤーウィングを装着すれば絶対に落ちないと思う)で安心。
  • 尖りのない音作りで、様々なコンテンツの視聴に適している。癖がないので飽きも来ない。
  • シルエットは大きいが、丸くてかわいいのでそこまで気にならない。
  • シルエットは大きいが、大きいぶん耳を覆うので遮音性がかなり高くなる効果がある。

デメリット

  • イヤホンのボタンが固いので耳を押し込むことになるのちょっとうざい。
  • ケースは比較的小型だが、小型にするんじゃなくて薄型にしてくれた方が個人的に収納しやすくて良かった。

まとめ

1か月使用して思ったことは、とにかく優しいデザインと音作りなので女性におすすめできるということだ。
どの特徴をとっても癖がなく万人受けしそうなモデルなので、プレゼントにも良さそう。
そして、とにかく価格が安い。平成まではこのレベルの製品のものを買うために最低2万円は必要だったように思う。
未だにmicroUSB端子のイヤホンや謎のひも付きBluetoothイヤホンを使っている方がまだいらっしゃれば、是非この安価なモデルから試してみても良いと思う。
素晴らしいコストパフォーマンスとバランスの良いスペックで、オススメできるイヤホンだ。

ABOUT ME
まむ
ユニオニストなサラリーマンです 面白そうなものはどんなジャンルのものでも全て買うヤバい人間