オススメのモノ

クールフィットマスク使用レビュー WITHコロナに最適な最高マスク

な~~~~~~にがPITTAマスク最強じゃ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
PITTAマスク一強という言葉に甘えず色々なマスクを比較してきた男が選ぶ、Amazonで手軽に入手できるマスクの最適解を紹介する。
今回紹介するのは、あくまでWITHコロナという緩和的情勢のみにオススメできるものである点のみ留意してもらいたい。

※このレビューにおける装着感は顔の大きさが標準くらいの成人男性によるレビューです。

クールフィットマスク

クールフィットマスクは対ウィルスの機能性に優れているとはお世辞にも言えないが、WITHコロナで最低限の注意のみを払いながら生活するには最適なマスクだ。

5色あるっぽいけど黒がオススメ(汚れが目立たないし使いまわすなら黒がいい)

見た目


↑袋は取り出し口に封をできるようになってる。


↑上から見た図。しっかり黒いので汚れが目立たない。これは何度か洗って使っているもの。


↑ありえないくらい薄い。


↑耳部分はそこそこ伸びる。生地がクソザコなので伸びるとモケモケになるんだが、これが逆に耳に優しい。このあたりしっかり処理しているマスクは耳が痛くなる。


↑ちょっと伸ばすと普通に透ける。こんなマスクある!?ヤバすぎる。飛沫しか防げないけど呼吸がしやすいという最優先事項とトレードオフなので許せる。

メリット

  • 通気性がすごい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!気兼ねなく着けていられるストレスフリー。
  • めttttttttttttttttっちゃくちゃ薄いのでぜんぜん暑くない
  • 着けていても呼吸があまり苦ではないので着けっぱなしでいられる。
  • メガネがあまり曇らない(吐息がちゃんとマスクを通り抜けるので)(通気性の良さの賜物)(完全に曇らないわけではないので注意)
  • 洗って使いまわせる(温水ですすいで自然乾燥みたいなラフな感じでいい)(乾燥機とかにかけると思いっきり縮むのでそこは注意)
  • 生地が柔らかいので耳部分も痛くない。
  • クソ薄いので畳んですぐ収納するのも楽。
  • PITTAとかのメジャーマスクよりはるかに安い。

デメリット

  • 通気性がすごすぎるため、おそらくウィルスも花粉などの防御力かなり低いと思う(めちゃくちゃ通気性良いため)(飛沫を防ぐ効果はしっかりあるが)
  • 接触冷感とか書いてあるけど、そんな効果は無いと思う(通気性が良いので涼しいのは確かだが)
  • 伸縮性がめちゃくちゃあるわけないので、顔が大きすぎたり小さすぎたりするとフィットしないかも。

比較した他のマスク

東京西川マスク

値段高いけど丈夫で機能的。私的2位。
丈夫さに特化したマスクで、薄くて通気性もそこそこに対塵性能も努力しており良い感じ。クールフィットマスクと最も競る。
Mサイズはクソ小さいので絶対にLサイズにしよう。それでも少し小さいかもしれない。あと洗えても汚れは分かっちゃうのでやっぱり黒色が欲しい。

PITTA

ピッタマスク(PITTA MASK)

着け心地はかなり良いけど密着するので暑さと息苦しさはそこそこ。値段もそこそこ。
しっかりと対塵性能を確保しているのに着け心地が良いのでオススメ度は2位にはいくが、WITHコロナという緩和的情勢においてはオーバースペックかなと思っている。

Home Cocci

Lサイズはかなり大きい造りでゆとりがあるという意味では装着感が良かった。
通気性は悪くないが良くもなく、口回りのスペースに呼吸が溜まって外に逃げないので湿気感?がちょっと不快だった。

ノーズマスクピット

とにかく縁のデザインがダサい。その縁のせいで伸縮性も悪くなっている。
サイズは大きくてゆとりがあるんだが、これもCocciと同じように通気性が悪く湿気感がある。
この二種は空気が上に漏れるので、メガネが曇るのでメガネユーザーにはまttったく適さない。

エアリズムマスク

初代のエアリズムマスクは使えたものではなかったらしいが、8月末から売られている第二世代はなかなか良いものだった。
しかし如何せん造りがしっかりしすぎている。密着性が高くて通気性も高くないため装着感は微妙。
使い込んでいる人は汚れが気になると言っていた。エアリズムは付着した水分を乾燥させやすくはするが、万能ではないということだな。

アベノマスク

面積をわざとらしく削ったケチ感のあるシルエット、給食当番を思わせる分厚い布地、全てがダサい。
ダサすぎるから金渡されてもわたしは絶対に着けないが、布地の分厚さの割に通気性はそこそこあったのでモノはそこそこ良いかもしれない。

その他いろんな不織布マスク

使い捨てで面倒さは無いしコスパも良いんだが、いかんせんゴミが出すぎる。
そして耳の裏が痛い。通気性が悪い。すぐ汚れる。替えを持ち運ぶ必要があるのが結構邪魔。

まとめ

今回紹介したのはあくまでWITHコロナという緩和的情勢においてのみオススメできるマスクであることを改めて言っておきたい。
状況がより危機的になれば、よりしっかりとした防護能力のあるマスクの方がいいと思う。
今回オススメしたのは、抜け出せないコロナ禍でもストレス無く生活するために最適なマスク。WITHコロナのためのマスクレビューだ。
今後もまだまだこの脅威は収まらないと思うが、みんなで注意して生きていこう~~~~~~!!!!!

ABOUT ME
まむ
ユニオニストなサラリーマンです 面白そうなものはどんなジャンルのものでも全て買うヤバい人間