オススメのモノ

獺祭ガチャでお酒を飲んで西日本豪雨の復興を支援しよう!!!!!

西日本豪雨でみんな大好きな日本酒「獺祭」の酒造もかなりのダメージを受けた模様。
日本酒大好きマンとしてそのニュースはかなり胸の痛くなるものだったのだが、嬉しい続報が来た。
なんでも、豪雨の被害を受けて獺祭ブランド定める厳しい基準値を満たすことはできなかったものの、味は確かに美味しく売りに出せるレベルの獺祭が、別の名にて販売されるというのだ!!!!!やった〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!

獺祭 島耕作

島耕作とは弘兼憲史先生著の漫画で、いちサラリーマンが次々と遭う困難をポジティブに乗り越えて社会的に躍進していく物語だ。弘兼憲史先生は被害のあった岩国市の出身らしく、地域復興のため今回の特別な獺祭が販売に至ったという。(漫画の中では獺祭をもじった喝采という日本酒も登場させている)
販売価格1296円(税込)なので獺祭 純米大吟醸50は720mlで1539円(税込)より安い。しかも、販売金の一部は義援金として寄付される。お買い得で復興の支援もできる。買う以外無い。

 

特徴まとめ

  • 家に届くまで、獺祭のどの種類がベースとなったものなのかわからない(720mlで1539円(税込)の「純米大吟醸50」、2418円(税込)の「磨き三割九分」、5143円(税込)の「磨き二割三分」、3万2400円(税込)の「磨き その先へ」のどれかが届く)やばい!!!磨きその先へを当てたい
  • 販売価格1296円(税込)のうち、200円が西日本豪雨で被害を受けた地域への義援金として寄付される
  • そもそも純米大吟醸50より安い価格である今回の獺祭島 耕作(前者は1539円で後者は税込1296円)
  • 在庫は65万本(かなり多いと思うのでみんなで買おう)(店頭にも出るので通販分は少ないかも)(獺祭さんの負担を減らせて寄付もできるので是非に)
  • 12連ガチャもある↓
ABOUT ME
まむ
ユニオニストなサラリーマンです 面白そうなものはどんなジャンルのものでも全て買うヤバい人間