オススメのモノ

梅雨対策にも良いリュック RAINS backpack mini 2年使用レビュー

RAINS backpack mini 2年使用レビュー

RAINS backpack mini

かばんのなかみ紹介記事でも簡単に紹介はしたが、しっかりとしたレビューは行っていなかったため今回記事にする。
気がつけば2年間このリュックと共に歩んできた。もちろん他のリュックも試しながら、より良いモノを日々探してきた。
しかしRAINSのこのリュックは、尖った良さがたくさんある。今回は2年間で気づいた点などにも踏み入って紹介する。

外観

前面

RAINS backpack mini
特にメンテナンスはしていないのだが、とにかく汚れづらい。これはこのリュックが誇る防水性の賜物であろう。
色落ちもなく、購入した当時の色合いがそのまま残っている。改めてティールカラーのモデルは美しい色だ。
2年間使い続けた影響か、少しだけ本体の生地が柔らかくなってヨレているように見える。
ヨレるのはこのリュックが極めて薄型であるというところも起因していそう。

背面

RAINS backpack mini
細かい網目のメッシュだが通気性に問題は特になく夏の次期にも使いやすい。梅雨に最適と言える。

裏面に小さいポケットがあるんだが、防水加工が施してありかなりの業物だ。
社員証や定期入れを入れる人が多い模様。薄いモバイルバッテリーなども入るので使い勝手が良い。(わたしは名刺入れとモバイルバッテリーを入れている)
意外と容量が大きいのだが、入れすぎると背中側に違和感が出るのでちょっと注意。
RAINS backpack mini

内部前面側

RAINS backpack mini
中にも2つポケットがある。ひとつは小物を入れるのに最適だ。
ファスナーの挙動の良さはどれも高価格帯のハイブランドバッグを思わせるほど素晴らしい。
無駄に内ポケットまで防水加工なのが謎。おもしろ〜

内部背面側

RAINS backpack mini
中身の背中側には独立したPCポケットがある。
薄型のリュックで独立したタイプのポケットを備えているものは少ない。貴重だ。
RAINS backpackのminiサイズのモデルでも、15インチまでのノートパソコンが入る。
わたしは12インチのMacBook 2016 earlyを入れているのだが、ゆとりがあるので出し入れがスムーズだ。
13インチまでのノートパソコンなら気兼ねなく出し入れができると思われる。

メリット

  • 撥水性能がかなり高い
  • 1万円程度で変えてしまうのでめちゃくちゃ安い
  • 電車内で背負えるくらい薄型でコンパクト
  • ノートパソコンを入れられるポケットがある
  • 軽量なので長時間背負いやすい
  • 全体的に凹凸もないシンプルなデザインなのでどんな服にも併せやすい
  • 肩紐のデザインも限りなくシンプルでゴツさがまったくない
  • カラーバリエーションが豊富
  • 開閉がフック+マグネットなのでとても容易
  • 小型のポケットが多いので小物の収納にも便利
  • バッグを開かずにアクセスできるポケットがある

デメリット

  • 薄型なのでたくさんの荷物を入れられない
  • たくさん荷物を入れすぎると型崩れが酷い
  • miniシリーズ以外は縦長でちょっとダサい miniを選ぶべき

まとめ

雨の日専用にも買えてしまう安さ。
梅雨の暑さにも耐えられる背面処理と軽さ、取り回しのしやすさ。
なにより卓越した対雨性能。
サブにもメインにも、誰にでもオススメできるリュックだ。

ABOUT ME
まむ
ユニオニストなサラリーマンです 面白そうなものはどんなジャンルのものでも全て買うヤバい人間