オススメのコト

シンプルダークテーマのLINE着せ替えを作った

実は作った時期はかなり前なのだが、この記事では経緯や特徴、コンセプトなど細かい点についても書けたらと思っている。

作った経緯

LINEは日本のスマホユーザーなら誰もが使っていると思うが、毎日見るためにそのデザインも納得出来るものを使用したいと思っていた。
しかし、どのデザインも自分が納得できるようなモノはどれだけ探しても見つからなかった。
そこで、自分で作ることにした。
なんでもそうだが、どこにも売ってないなら自分で作ればいい。諦めるくらいならチャレンジした方が良い。ということで1から作った。
自分で足りないモノを常に自分で作れるなら、探す手間もいらないし買いに回る必要もないし、妥協せず自分の欲しい形ものもそのものを手に入れることが出来るのでいいな。DIY、素晴らしいことだ。

見た目

待機画面


Android端末でLINEを開くと一瞬表示される待機画面。※iPhoneでは表示されない
着せ替えのタイトルである「○○○」が表示される。
この後のページを切り替えるごとに○○○→○○○○→○○○○○と推移する。
この流れを作るためだけにタイトルも「○○○」とした。

パスワード入力画面


パスワード入力画面。最も質素に、○○○○と表示されるようにした。
LINEにパスワードをかけていると「やましいことがある」みたいなこと言われるが、友達のプライベートな会話すら入っているアプリに認証かけないの普通に怖すぎない・・・?
わたしはLINEもスマホもパスワードかけてないみたいな人と重要なやり取りをスマホでするのちょっと嫌だけどな・・・
まぁLINEもした方が良いのはもちろんだが、せめてスマホ本体にくらい認証をかけよう

ホーム画面


下のタブ、「ホーム」とか「トーク」とか「タイムライン」とか日本語でデカデカと書いてあるのクッソださいなと思っていたので、隠した。
実はHOMEなどの英語表記も全て無くして○だけにしたかった。(タブの位置なんかどうせすぐ覚えるだろうし文字で書く必要性を全く感じないので)
LINE着せ替えのベースデザインを阻害するような着せ替えテーマの作成は禁止されているんだが、何度か下タブの素材を調整して最終的には許せてもらえた。ありがとうございます、LINEさん。
この下タブのギミック制作、全体の所要時間の90%を占めた・・・

トーク画面


トーク画面も全てダークカラー。
後述するが、色は黒一色以外認めない。
シンプルデザインとか謳っておきながらこういう一番目にするトーク画面の右下に「♡SIMPLE DESIGN♡」みたいな表記を入れている着せ替えあるが、一生シンプルという言葉を使わないで欲しい。
シンプルを謳っているくせにブランドロゴをデカデカと商品に印字するブランドくらい気色悪い。
無印良品は最高。

特徴

  • 全てダークテーマに統一する。
  • 有機ELを搭載する最近のiPhoneやAndroid端末は黒以外の部分しか発光しないため、黒ければ黒いほど節電にも良い
  • ダークテーマに慣れてない人もいるだろうが、今後はツイッターもYouTubeも全てダークテーマになるので慣れよう。
  • 削れる要素はLINEの規約を破らない程度に全て削る。
  • LINEのデフォルトの日本語表記はダサいのでなにがなんでも隠す。
  • 登録してないアイコンもパスワードやタブに表示するデザインも全て○に統一する。
  • 現在のLINEの公式テーマモチーフがサークル(アイコンも丸く切り取られるように)なので、それに統一する。
  • 機能的でかつ、飽きのこないように仕上げた。
  • LINEのデフォルトの「ブラック」というテーマは、真っ黒じゃないので節電効果は薄いしロゴはデカくてダサいし最悪の終わりです。

まとめ

自分で自分の欲しいものを作ること、やはり最高だ。
自分の要望を100%叶えたものを使えるだけでなく、愛着も湧く。
わたしは今後LINEがサークルモチーフを使用し続ける限りこの着せ替えテーマを二度と変えないと思う。
公式テーマがサークルモチーフ以外のデザインに変更されたときは、そのテーマに統一感をもたせた着せ替えをまた作る。
時代の流れは途轍もなく早いが、その流れの最前線に立てるモノを自分で作れたら最善だな。

ABOUT ME
まむ
ユニオニストなサラリーマンです 面白そうなものはどんなジャンルのものでも全て買うヤバい人間